ザ!世界仰天ニュース 断崖絶壁…「崖村」で仰天ロケ!&巨大アゴの少女に奇跡!でメリッサ・デルガド・ブラーガのSNSの奇跡が放送される。
両親のキャロル(21歳)とマナセス(25)はSNSやネットで助けを求めた!

ブラジルのサンパウロで顎に巨大な腫瘍が出来てしまったメリッサ・デルガド・ブラーガちゃん。
腫瘍は顔の2倍にまで大きくなり、成長を続ける腫瘍によって少女は次第に食事や呼吸することも困難になっていく。

スポンサーリンク


メリッサ・デルガド・ブラーガが顎の腫瘍とは

メリッサ・デルガド・ブラーガちゃんはブラジルのサンパウロに住む少女。

しかし、生後まもなくしてメリッサの顎に腫瘍が見つかった。

当初は良性の腫瘍と診断された。ガンなど生命に関わる大きな問題ではなくメリッサの両親も一安心だった。

しかし、メリッサの顎の腫瘍は思わぬ大事態を招いていく。

メリッサの顎の腫瘍は巨大化、血流障害を引き起こす

メリッサの顎の腫瘍はみるみるウチに巨大化していった。

しかも顎の腫瘍はメリッサの全身の血流の循環を阻害するようになっていった。
メリッサは常に疲労状態にあった。

そして、遂には、メリッサの顔の腫瘍は顔の二倍以上の面積にまで肥大化していった

夫妻は自分達で何とか最善を尽くそうと、ソーシャルメディア上で救いを求めました。Facebookで「Ajudem a Melyssa」(ヘルプ・メリッサ)のページを立ち上げ、メリッサのエピソードを公開しました。夫妻の目標はアメリカでメリッサの治療を受けるに十分な支援を受けることでした。

間もなく二人の忍耐は実を結びます。ニューオーリンズの顎顔面・口腔クリニックの医師セルソ・パルミエリが母国のニュースをチェックしていた際に、メリッサのFacebook ページにたどり着いたのです。メリッサ家族の物語に心を動かされたパルミエリ医師は同僚のガリ医師に連絡を取り、一家に救いの手を差し伸べる術があるか相談しました。

スポンサーリンク


メリッサの両親のキャロル(21歳)とマナセス(25)はSNSやネットで助けを求めた!

メリッサの両親はSNSやをとうして全世界に救いの手さがした。

そこで登場したのがガリ医師だ。

ガリ医師はパルミエリ医師に賛同し、メリッサ一家をアメリカに呼ぶ手配に取り掛かりました。大がかりで困難なものになるであろう治療過程において、家族の愛情は幼いメリッサにとって何よりも大きな心の支えになるとの考えからでした。

そして気になる資金はルイジアナ州にある医療機関「Willis-Knighton Health System」に資金援助を手配。

すると驚いたことに「Willis-Knighton Health System」は渡航費や滞在費だけでなく治療費の一切の心配は不要だと援助を約束したのだ。

しかし、ブラジルの医師からはアメリカ渡航を猛反対される!

しかし、メリッサと両親はFacebookで救いの手が広がっていくが不安もあった。

それは体力の衰えているメリッサがアメリカ行きだえでも命に大きなリスクを伴うと猛反対したのだ。

しかし、メリッサと母親のキャロルはある決断をする・・・!

この軌跡をザ!世界仰天ニュースを特集される!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。