メキシコ・グアダラハラ地下爆発事故事件とは、今から25年前、1992(平成4)年4月22日、メキシコ第2の都市グアダラハラで起きた地下爆発事故事件だ。

どうして、巨大都市の地下で大爆発事故が発生したのだろうか?
その原因は信じられないような事故が原因だった。

メキシコ第二の都市で起きた事故は、ある意味で人災とも言える事件だった。
この構図は、福島第一原発の爆発事故の構図と似てるところがある。

スポンサーリンク


メキシコ第2の都市グアダラハラとは?

グアダラハラ地下爆発事件の舞台となってしまったメキシコ第2の都市グアダラハラとはどんな街だったのか。

メキシコ人からはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれる中米屈指の世界都市だ。
近年は環境の悪化で都市部では気温が上昇して厚さが厳しいが、メキシコの中では寒暖の差があまりなく、以前は「一年中春」と言われたほど穏やかな気候だった。

【人口】 164万人
【面積】 150 km2
【設立】 1542年
【州】  ハリスコ州

大都市ながらスペインの植民地だった面影を残す古都。グアダラハラは34の姉妹都市と提携していて、日本の京都と姉妹都市として提携している。

スポンサーリンク


グアダラハラ地下爆発事件の序章

グアダラハラ地下爆発事件は、実は大爆発の二日前から前兆があった。メキシコのグアダラハラで住民たちはトイレの排水口などからの異臭に悩まされていたのだ。

事故の2日前 4月20日

事故の2日前、トルティーヤ店を営む女主人のリオスは、妹と商売に精を出していた。

しかし、この数日、店の周囲にガスの臭いが漂い、異臭騒ぎが起きた。悪臭の原因は店のキッチンのガス漏れではないかと言われ、女主人のリオスはすぐさま、ガス会社に連絡。

ガス会社を呼んで点検を依頼したが、異常は見つからなかった。

事故の1日前 4月21日午前10時

さらにトルティーヤ店から数キロ離れた場所でも、4月21日の午前10時に配管工がマンホールから不気味な煙が吹き出すのを目撃していた。
しかし、下水管の悪臭は経済発展を急ぐ、グアダラハラではよくあることだった。安全や規制などよりも、経済発展が優先されたいたのだ。

事故の前日ガンテ通りに住むマリアの家の水道の蛇口からはガソリンのような異臭が・・・。
マリアの通報により水道局の職員が現場に到着、調査が行われた。すると下水道に可燃性のガスが充満している事が明らかとなった。爆発の可能性が高い事がわかり警告をした。そこで職員は直ちに市長に連絡したが、市はなぜか水道局の訴えを真剣に取り合おうとせず、住民達にも「原因は不明だが危険はない」との説明を続けていた。

事故の1日前 4月21日 正午

正午には匂いはさらに増したため、水道局は汚染源を調べたが特定できなかった。水道局員は爆発を抑えるため大量の水を水道管に流し入れた。

グアダラハラ地下爆発事件 当日

そして、ついに住民の不安は現実のものになってしまう。

一体、どうして、市長や行政は市民に爆発の危険性を周知しなかったのだろうか?

グアダラハラ地下爆発事件 当日 4月22日 9時40分頃

消防署に多くの住民からの苦情が寄せられた。しかし、消防署長はラジオのインタビューに対し、爆発の可能性は無いと答えていた。水道局は危険を察知し調査を続けていたが、避難命令をだす権限を持っていなかった。

グアダラハラ地下爆発事件 当日 4月22日 午前10時6分 ついに爆発が起きる

午前10時6分、爆発が起き、爆風が下水管を伝っていった。一瞬で道路や家が崩れ、町は瓦礫に埋め尽くされた。次々に町で爆発が相次いだ。最初の爆発から1時間以上が経っても爆発が続いた。爆発は4時間14分続き約8キロにわたり町が破壊された。この事故で206人が亡くなり、1万5000人以上が家を失った。負傷者は1440人となった。

次のページでは驚くべき事故の真相に迫る!

スポンサーリンク


次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。