ブルース・クック。かれは伝説のFMXライダーとしてナイトロ・サーカスで伝説のライダーとして知られている。

そのブルースクックが奇跡体験!アンビリバボーにて2017年1月19日に奇跡のライダーとして特集されることがわかった。

ブルースクックはナイトロサーカスに所属するライダーだ。
2012年のデビューから世界初のダブル・フロント・フリップという大技に世界で初めて成功したライダーだ。

しかし、彼が伝説と呼ばれるようになっのは、ショーの途中で下半身不随になる大事故を追ってしまった。底からの復活と苦労の連続からの復活が奇跡だ!
スポンサーリンク


ブルース・クックのプロフィール


まずは伝説のライダーブルースクックの経歴からご紹介しましょう。


画像引用:http://www.nitro-circus.jp/rider.html

【名前】 ブルース・クック(bruce-cook)
【年齢】 28歳
【出身】 カナダ・ブリティッシュコロンビア州ケローナ
【職業】 フリースタイルモトクロスライダー
下半身不随でありながらもナイトロに出演する世界で唯一のFMXライダー。2012年のXゲームスでのデビュー以降、ナイトロ・サーカスに出演。世界初のダブル・フロント・フリップに挑んだことでも知られる。ショー中、着地時に体を強打したことで下半身不随となるが、その後わずか2年足らずでナイトロに返り咲いた。改造されたバイクに体をくくりつける形で今もナイトロ・サーカスに挑み続ける奇跡のストーリーは、米国放送局CBCのドキュメンタリー番組として取り上げられた。

幼い頃からモトクロスバイクに夢中になり、来る日も来るバイクの練習に没頭します。

2005年になるとすぐさまプロに転向して頭角をあらわします。

2012年にXゲームスでデビューし、ナイトロ・サーカスに出演。世界初のダブル・フロント・フリップするなど抜群の運動センスと類まれなる努力を積み上げてショーの世界の次世代を担うヒーローとして活躍していた。

そんな、順風満帆なブルースクックの人生が突如として暗雲が立ち込めてくる。


スポンサーリンク


ブルースクックの衝撃の事故・動画あり

そんなブルースクックが突如として下半身付随になるだ事故に見舞われる。

事故が起きたのは2014年1月。
ブルースクックはFMXのショーに出場しいた。

このショーで、ブルースはダブルフロントフリップ世界初メイクを狙って果敢に挑戦したのだ。

しかし、着地に失敗し、腰から叩き付けられる形となり、下半身不随の大怪我を負いました。

その時の動画がコチラ。


腰から強く叩きつけられて完全に下半身が動いていない。

事故の初撃をものがたっている。

その後、二ヶ月にも及ぶ入退院の日々を続けた後、いつの日か再び歩けるようになる事を目標に、リハビリ生活に入ります。

しかし!!ここからブルース。クックの伝説が始まるのだった。
次のページではブルース・クックの脅威の復活劇をまとる!
スポンサーリンク



次ページに続きます

ページ:

1

2
コメントは利用できません。