今、一人のテレビ朝日のディレクターが注目を浴びている。その男は、顔を真っ黒にしたナスディレクター、ナスDこと友寄隆英氏だ。
そしてナスDの嫁が、あの美人料理研究家の森崎友紀ではないかと話題になっている。

ナスDこと友寄隆英の嫁が、森崎友紀であることは彼女のブログから特定が情報源という事もあって、信憑性はさらに増している。

さらに、2017年7月2日の放送される『テレビ朝日 陸海空 こんな時間に地球征服するなんて 大アマゾンSP』の二時間半のスペシャルでは、大アマゾンスペシャル第二弾と題して、顔を真っ黒にしたナスDこと友寄隆英ディレクターが大活躍する。

テレビ局のバラエティ番組には、必ず台本があり演出が存在する。
それが、時として『ヤラセ』との批判を生む時が少なからずある。

しかし、ナスDがこれほど人気が出て話題になったのは、台本の演出の予想をはるかに超えたリアリティとライブ感なのかもしれない。

スポンサーリンク


ナスDこと友寄隆英とはどんな人?経歴とプロフィール


まずは、簡単にナスDの経歴とプロフィールをご紹介しよう。

【氏名】友寄 隆英
【読み方】ともより たかひで
【出身】兵庫県
【テレ朝役職】テレビ朝日総合編成局制作1部所属のテレビプロデューサー

【担当番組】
●ゼネラルプロデューサー・演出
よゐこの無人島0円生活

●ゼネラルプロデューサー・取材ディレクター
陸海空 こんな時間に地球征服するなんて – 出演者としても参加。

●ゼネラルプロデューサー
キスマイレージ
なら≒デキ
笑×演

ナスDとして、全国的にその名を知らしめた異色の天才ディレクターの友寄隆英さん。
実は、ナスD友寄隆英さんは自らが身体を張る必要がないくらいに「お偉いさん」なのだ。

テレビ朝日を代表するバラエティ番組といえば、『いきなり!黄金伝説』、『ぷっすま』などが挙げられるが、それらを手掛けている。
友寄隆英GP(ゼネラルプロデューサー)として立派な肩書をもった人物なのだ。

業界デビューは19歳の頃だった。

アシスタントディレクターのアルバイトを始め、フリーディレクターを経て2003年にテレビ朝日入社している。

その後は、奥川晃弘ゼネラルプロデューサーの下でプロデュース・演出などを担当して、メキメキと頭角を表していく。
さらに2010年には「特別編『毒トマト殺人事件』」では監督・脚本・編集を担当するなど、その才能は誰もが認めるところだった。

しかし、ナスD本人は、それを事ある事に否定する。
『自分には才能がない』
だけど、人よりも努力する事は、少しだけ自信があるというような名言も過去のインタビューでは残している。

テレビを面白くしたい。
「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」でカーディガンを方にかけて座っているだけのお飾りディレクターではなく、自分で身体をはってアマゾンに突入する姿が人々の心をつかむのもわかる気がする。

スポンサーリンク


ナスDこと友寄隆英氏の嫁は美人料理研究家の森崎友紀だった?!ブログが情報源との噂


そんなナスDこと、友寄隆英さんの嫁が、あの美人料理研究家の森崎友紀さんという噂が浮上。

しかも、その情報源が森崎友紀さんのブログだというから、その信憑性は高い。

グレゴリーのリュックがブログに掲載

なんと、森崎友紀さんのブログに「旦那さんがアマゾンへ出発」の下りに、日本のアウトドアブランドとして抜群の人気を誇る『グレゴリー』のリュクをもって旅立つ姿が掲載されている。

そして5月16日放送の「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」でも同型のリュックを背負っている姿がテレビで放送されている。

さらに、無造作すぎる髪型も話題になっていた。そのヘアスタイルも、完全にナスDと一致している。

お土産にカタツムリ

※画像はイメージです。実際の森崎さんのブログには手のひらサイズの画像が掲載されている。

次に森崎友紀さんとナスD、友寄隆英さんの情報としてブログに掲載されていたのが、お土産の巨大カタツムリだ。

そう、あの巨大カタツムリの「クンクン」だ。

森崎友紀さんのブログでは、ご主人がアマゾンから帰国したときにペルーのリマを経て帰国した事を報告している。

そのブログで、あのクンクンを手に持った画像を掲載。
危険を感じると分泌するネバネバを顔に塗りたくったあのカタツムリ。

さらに、「出張から帰ってきたら、日に焼けて、虫に刺されて」と綴っており、さらに友寄隆英さんの嫁であることの信憑性が高くなったという。

スポンサーリンク


ナスD・友寄隆英さんの嫁と噂の森崎友紀さんは美人料理研究家でピアノの腕も一流


ナスD・友寄隆英さんの嫁と噂の森崎友紀さんは美人料理研究家でピアノの腕も一流の、才色兼備の女性だ。

森崎友紀さんは、1979年12月29日生まれの37歳。
大阪府堺市のご出身。

今からは想像もできませんが、子供の頃はアトピー性皮膚炎で苦しんでいた。
そのt機に祖母の食事がきっかけで症状が改善。

その後とが、きっかけで料理研究家の道を進むきっかけになったという。

大学卒業後は栄養士として病院で働いていたそうですが、なにしろあの美貌をマスコミがほっておく訳もなく、雑誌のグラビアなどでも活躍するかたわら、テレビでも活躍されている。

さらにピアノや書道などもかなりの腕前ということで、まさに才色兼備な女性だった。

お願いランキングでふたりは出会ったのではとの話もあり、ナスDの嫁が森崎友紀さんであるとの情報の信憑性はやはり高いようだ。

ナスD 友寄隆英ディレクターと森崎友紀さんはお願いランキングでであった?!

ナスDこと友寄隆英さんと森崎友紀さんとの出会いはやはり「お願いランキング」の可能性が高いようだ。

お願いランキングの「美食アカデミー」に森崎友紀さんは料理研究家として出演。ナスD友寄隆英さんは制作側で絡んでいた。

美食アカデミーは2009年10月3日にスタートした火・木曜日の企画。
食のプロフェッショナルたちが、各有名企業のトップセールス食品を試食し、ランキングをつけるコーナーだ。

川越達也シェフや青山有紀さんなどの人気キャラを輩出。

その中に、料理研究家として森崎友紀さんが出演。

友寄隆英ディレクターとは同じ関西の出身ということもあり意気投合というケースはよくある。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントは利用できません。