2016年10月に起きた「トルコ3歳幼女誘拐事件」が1月5日(木)放送のトリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン 3時間スペシャル 実録映像満載!で特集されることがわかった。

トルコ3歳幼女誘拐事件は全てが異質の展開だった。

▼「トルコ3歳幼女誘拐事件」…2016年10月、トルコで3歳の幼女行方不明事件が発生。その事件を解決したのは、トルコ国内で未解決事件に迫る生放送番組だった!司会者が容疑者を番組内で追い詰めると…ついにカメラの前で犯行を自白する!!

そう、この事件はテレビの前で犯人の男が自供を始めるという、史上例を見ない展開で事件が解決したのだ。

スポンサーリンク


トルコ3歳幼女誘拐事件・・2016年10月14日に事件は起こった

昨年の10月14日トルコのとある都市マニサアラシェヒルで時間がおこった。

なんと三歳になる幼い女の子が突如として行方不明担ったのだ。
トルコ警察の必死の捜査も虚しく、捜査は難航を極めた。

父のビラル・カップはなんとか必死の捜査を警察に依頼しながら、自らもメディアに積極的に出演して情報提供を求めた。
女の子は実は遺伝性の病気を抱えていた。とても長い距離を歩いて連れ回すことなどできないはずだった。

何しろ、手がかりという手がかりらしいものが全く見つからなかったのだ。

しかし、父親は必死の捜査を続けていた。
その中である1人の疑わしい自分物が浮上したのだ。
それは幼い少女に対する絶対に許しがたい罪で一年半もの間刑務所に服役してた男だった。

地元テレビ局のメディアと彼女の父はなんとか、犯人と思しき男をカメラの前に引っ張り出す事に成功する!

その、時のテレビ番組の動画がコチラだ

スポンサーリンク


トルコ3歳幼女誘拐事件だけではない!日本にもある未解決事件

実は今回はトルコ3歳幼女誘拐事件だったが、残念なことに日本にも未解決事件は発生している。


泉南郡熊取町小4女児誘拐事件として有名なのが吉川友梨さんの事件だ。
この事件は2003年に発生した。

2003年5月20日、学校の社会見学を終えて友人三人と帰宅する途中で起きた。
女児の自宅から560m離れた地点の交差点で同級生3人と別れ、さらに別の同級生が女児の自宅から400m離れた地点で女児を目撃したのを最後に忽然と姿を消した。

友梨さんが無事に発見された場合は23歳くらいになる。

当時の彼女はかなり人見知りで知らない人間についていくとも考えづらいという。

さらに、ルパンの男として犯人とみられる男の画像や動画が公開されながら犯人逮捕に至らない北関東連続幼女誘拐がある。

この事件は横山ゆかりちゃんがパチンコ屋で両親が目を離した数分の間にこつ然と姿を消されてしまったのだ。

横山ゆかりちゃんは両親とともに太田市高林東町にあるパチンコ店「パチトピア」に来店。午後2時10分に、横山ゆかりちゃんがいなくなっているのに気づいた両親が警察に通報し事件が発覚した。

横山ゆかりちゃんは失踪直前、一人で遊んでいるところを不審な男らしき人物に話しかけられている姿を防犯カメラがとらえていた。太田警察署は誘拐事件と断定し、横山ゆかりちゃん捜査本部を立ち上げ100人態勢で捜査にあたった。

横山ゆかりちゃんがいなくなる直前にパチンコをうつ母親の光子さんのところに来て「○○○のおじちゃんがいるよ」(○○○は聞き取れなかったそうだ)と話しかけてきたという。それに対し光子さんは「ついてっちゃだめよ」と注意を呼びかけ、再びパチンコに熱中する。
しばらくすると、座っているはずの椅子に横山ゆかりちゃんがいないことに気づき、パチンコ店の周囲を探しまわったが、いなくなっていたので警察に通報。光子さんが横山ゆかりちゃんから目を離した時間はたった4分だった。

日本でも実は、数こそ少ないものの迷宮入りしている誘拐事件は存在する。

本人やご家族のことを思うと一刻も早くこれらの事件が解決することを願わずにはいられない。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。