リンキン・パークのボーカルの残念すぎるニュースが入ってきた。チェスターベニントンはその髪型や独特の歌唱力。さらにメガネなどのファッションも高く多くのファンが真似をしていた。

今回、改めてリンキン・パークのボーカルチェスターベニントンについてまとめてみたい。

スポンサーリンク


チェスターベニントン 髪型や歌唱力がヤバい!

【氏名】チェスター・ベニントン
【生年月日】 1976年3月20日
【年齢】満41歳没

チェスター・ベニントンは1976年3月20日アリゾナ州フェニックスで生まれた。

幼い頃から音楽に傾倒しておりデペッシュ・モードやストーン・テンプル・パイロッツの影響を受けたと言われている。

とくに、その歌唱力や髪型などファッションセンスも非常に高く多くのファンを獲得していた。

チェスター・ベニントンの歌唱力が半端ない

チェスター・ベニントンの歌唱力が半端ないと話題になっていた。しかし、最近はロックバンドとしての方向性に悩んでいたとも報じられている。

Numb (Official Video) – Linkin Park

In The End (Official Video) – Linkin Park

What I’ve Done (Official Video) – Linkin Park

チェスター・ベニントンは過去は両親の離婚でドラッグに溺れていた時期も

チェスター・ベニントンは1980年台後半に離婚している。

チェスター・ベニントンはこの事件がかなり心に傷としてのこっており、コカインやメタンフェタミンに溺れる時期が会ったことを告白している。

しかし、薬物中毒を見事に克服して、薬物使用について厳しく批判するまでになていた。

音楽活動はワーナーブラザーズレコードと契約するとまたたく間にモンスターロックバンドとして世界中から人気のバンドとなった。

一方でチェスター・ベニントンは健康問題に関してはかなりの問題を抱えていた。

2000年代初頭の驚異的な成功にも関わらず、ベニントンはステージの外では多くの問題を抱えていた。もともと彼は病弱で、2001年のオズフェストの最中にドクイトグモに腕を噛まれてしまった。Meteoraの製作中にも健康に悩まされた。2003年夏には病気に倒れた。2007年10月にはメルボルンでのステージで舞台に飛び乗ろうとした時に手首に怪我を負ったが、演奏を続け、終了後すぐに救急救命室に運び込まれた。

私性活は嫁との離婚や再婚などロックスターならではのものだった

チェスターベニントンの私生活はまさにロックスターそのものだった。嫁との離婚や、再婚などスキャンダラスであったことは間違いない。

ベニントンは1996年10月31日に最初の妻サマンサと結婚した。

2002年4月19日には子供が産まれ、ドレイヴン・セバスチャンと名づけられた。
ベニントンは、最初の妻であるサマンサとは、リンキン・パークの活動の中ですれ違いが多くなり、2005年に離婚している。

その後、は元プレイメイトのタリンダ・ベントレーと再婚し、二人の間に生まれた子供をタイラー・リーと名づけた。彼の家族はカリフォルニア州オレンジ郡のニューポートビーチにある6000平方フィートの豪邸に住んでいる。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。