速報です!2018年公開でフジテレビの人気ドラマ「コードブルー」の映画化が正式決定した。

フジテレビの月9ドラマで7年ぶりの復活となる「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」サードシーズンは月九において、久方ぶりのヒットドラマとなった。

そんなコードブルーの映画化が遂に決定した。

2008年7月クールの同枠で放送され、翌09年1月にスペシャルドラマ化。10年1月期にオンエアされたセカンドシーズン以来となるが、その間も浅利が幹事となって“コード・ブルー会”なる同総会を開いていたそうで、山下は「絶大なる信頼感と安心感を与えてくれるとチームワークは抜群だった。

スポンサーリンク


かねてから噂されていたコードブルーが遂に映画化が決定!


すっかり役者として安定した演技に定評がる山下智久が、18日午後9時から最終回が放送されるフジテレビ系連続ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』でクランクアップを迎えた。

最終回を前に、ネット上では既に「山Pロス」「ガッキーロス」の声が上がっていた。

そんなさなかで、飛び込んできたコードブルーの映画化に、ネット上は騒然となっている。

ジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9:00~※30分拡大)の最終話が18日、放送され、番組ラストで2018年に映画化されることが明かされた。

また、公式ツイッターでも正式に2018年公開のコードブルー映画化が発表された!最終話のエンディングが終了すると、画面にはドクターヘリの映像ともに「映画化決定」の文字が。さらに、山下演じる藍沢耕作の顔が現れ「2018年公開」と公開時期も予告された。

スポンサーリンク


コードブルーの映画の監督、脚本、キャストなどは未定

フジテレビは、現時点ではコードブルーの映画の監督、脚本、キャストなどは未定としている。
シーズン2まで脚本だった林宏司氏から、3では恋愛ドラマを得意とする安達奈緒子氏に脚本家が変更になっている。

安達奈緒子さんはどちらかと言うと、恋愛系の脚本が得意。医療系ドラマの脚本は賛否両論あったのは事実だ。

山下くんをはじめ、新垣結衣(29)戸田恵梨香(28)比嘉愛未(31)浅利陽介(29)の主要キャスト5人はまずキャストは間違いないだろう。
はたして。コードブルーの映画化はどうなるのだろうか?

コードブルー見逃した方はこちら放送後 期間限定無料配信

コードブルーの映画化の前に最終回・・・しかし、ネットでは既に映画化に期待の声!

30分拡大で放送される最終話では藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、冴島はるか(比嘉愛未)、藤川一男(浅利陽介)、名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)、雪村双葉(馬場ふみか)たち救命チームが総動員体制で地下鉄開通前の線路内で発生した崩落事故の現場へ。しかし、藍沢、藤川らが治療に当たっていた地下2階で再度崩落という最悪の事態が起きてしまう。患者たち、そして医療者たちの運命は…。

スポンサーリンク


コードブルー映画化でネット上の声

コードブルー見逃した方はこちら放送後 期間限定無料配信

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。