近畿大学は2日、大阪市内で会見し、ボクシング部監督の鈴木康弘氏について、諭旨解雇処分に処したことを2日に正式発表した。
近大ボクシング部監督は誰と話題になっている。

鈴木康弘近大ボクシング部監督は日頃から特に目上の方やマスコミ関係者の間では、爽やかな好青年として評判だっただけに今回の事件では被害者だけでなく大学関係者にも大きな動揺と驚きが広がっている。

まずは、今回の事件で諭旨解雇処分が発表された鈴木康弘近大ボクシング部監督の顔写真をご紹介しよう。

実はこの事件はすでに先月の7/11には毎日新聞などが報道して大問題になっていた。

毎日新聞から事件の詳細を引用する。

全日本大学ボクシング王座決定戦10回優勝の近畿大ボクシング部の男性監督(29)が教え子の女子選手にセクハラ行為などをしたとして、大学から自宅待機を命じられた。

男性監督は2012年ロンドン五輪代表で、昨年4月就任。

日本ボクシング連盟は事実関係を把握しており、懲戒処分を下す方針だ。

同連盟や大学によると、男性監督は同部の特定の女子選手に対し、性的行為を求める発言を日常的に行い、拒否した女子選手をいじめるなどパワハラ行為もしたという。

山根明・同連盟会長は「選手の親から訴えがあった。(セクハラ発言を)録音した音声もある。指導者としてあり得ない行為」と認めたうえで「連盟幹部会議で処分を協議したが、除名する方針」と明かす。

大学広報部は「(問題行為の)期間など事実関係を調査中。

事実なら厳正に処分する」と説明し、男性監督は先月29日から自宅待機中という。

同部は関西学生リーグで36連覇を含む37回優勝の名門。

09年に部員2人の強盗事件を受けて廃部になったが、12年10月に復活。

現在は男子26人、女子4人の選手が所属している。

男性監督は東京の大学を卒業後、社会人選手として活躍。昨年のリオデジャネイロ五輪代表の有力候補だったが、近畿大監督に転身した。

実は、この時点でも近大の柔道部の監督の名前は伏せて公表されなかった。
しかし、すぐにネット上では鈴木康弘だと特定されている。

鈴木康博といえば元オリンピック選手というだけではなく、元自衛官という日本の国防を背負って立つ責任と誇りのある立場の人間だった。

それだけに、オリンピックだけでなく、全てのアマチュアボクサーや自衛隊の誇りにケチを付ける人間になってしまった。

広告

鈴木康弘の経歴とプロフィール!嫁との結婚は政略結婚か?!

鈴木康弘の経歴とプロフィールを振り返ってみよう。

【氏名】鈴木 康弘
【読み方】すずき やすひろ
【生年月日】1987年11月25日
【年齢】29歳
【学歴】拓殖大学 ⇒ 自衛隊体育学校ボクシング班所属

総監督代行から昇格した澤谷廣典総監督(53)が、後任監督の人選を進めた。「重量級の有望選手を育てられる指導者が欲しかったし、20年東京五輪にも選手を出したい。重量級で五輪経験のある鈴木氏は適任」と考え、昨秋に打診。日本ボクシング連盟理事も務める澤谷総監督と、山根明・同連盟会長(76)の孫と結婚した鈴木監督は、以前から互いによく知っていた。

鈴木監督は札幌市出身。札幌商高(現北海学園札幌高)時代は高校3冠に輝き、拓大を経て自衛隊で活躍した。戦績は100勝(46KO)31敗。五輪連続出場を目指していただけに、指導者転身には「ちょっと悩んだ」と明かすが、「現役引退後の人生の方が長い」と考えた。近大ではウオーミングアップを30分以上行うなど「僕が日本代表合宿などでやっていたメニュー」を導入。選手たちは「体の動きや切れが良くなった」(芝力人主将)と刺激を感じている。

拓大出身者の監督就任に、澤谷総監督は「OB会が猛反対し、説得に2時間かかった」と言う。だが、鈴木監督は「出身大学なんて関係ない。近大は素直な選手が多く、教えがいがある」と意に介さない。5月開幕の関西学生リーグで近大は7年ぶりに1部で戦う。新監督は「リーグ戦で優勝、国体、全日本選手権で優勝者も出し、東京五輪に一人でも多く選手を送り込む」と名門復活を誓う。

不祥事続きの近畿大学は猛反対の末に山根明・同連盟会長(76)の孫と結婚した鈴木を招へい。

招へいに尽力した人物も暴行事件で辞任。
そして反対を押し切って鳴り物入りで監督に就任した鈴木康博もセクハラで諭旨解雇処分と不祥事が続いているのだ。

広告

近大ボクシング部監督セクハラ問題で諭旨解雇処分の速報

近畿大学は2日、大阪市内で会見し、ボクシング部監督(29)のセクハラおよびパワハラ問題についての調査結果を発表し、監督を同日付で諭旨解雇処分とした。

内容は、セクハラという言葉ではかたずけられる問題ではないほど卑劣なものだった。

日本ボクシング連盟はすでに監督に対し除名処分を下している。

問題発覚から処分までの経緯として、大学職員でもある監督の解雇も含めた処分に「慎重を期した」とし、同委員会は9回の会合をもったことを明かした。そのうちの1回は、監督を呼んで直接事情聴取する機会もあった。当初は「冗談でした」「何が悪いのか」という姿勢も、次第に反省の態度に変わったという。しかし、大学側に2度の謝罪文を提出も、セクハラ被害の女性選手に対する謝罪はない。

この内、被害者の女性学生は大学を休みがちになっていた。

しかし現在は保護者に試験を受けるよう説得され、最近は部の自主練習にも顔を出すようになったという。引退した4回生を除き、男子21人、女子4人、女子マネジャー1人が在籍。今後の活動に関しては鹿田昌司・スポーツ振興センター事務長が7月12日付で監督代行に就任するが、鈴木康弘の後任は未定となっている。

広告

近畿大学ボクシングは過去の不祥事から立ち直る

実は近畿大学のボクシングは過去に未成年の部員が同じ近畿大学の学生から恐喝したり、一般の人からも同様の事件を起こしていた。

余罪は数十件にも及ぶとされ大問題になり、近畿大学ボクシング部は廃部に追い込まれる大事件だった。

一度は廃部に追い込まれた近畿大学だったが赤井英和らの懸命の行動によって見事に復活。
しかし、今年の6月には当時の50代の監督が暴行事件を起こして辞任に追い込まれていた。

そして今回の鈴木康博の事件と、不祥事続きの近畿大学ボクシングは今後また存続の危機に晒される可能性はゼロではない。

広告

コメントは利用できません。