安倍晋三のわんことして有名な「安倍総理」お抱えジャーナリストの逮捕状が週刊新潮でスクープされる。

日本史上例を見ない史上最悪の総理大臣?もしくは日本の最強のホシュの安倍晋三のお抱えジャーナリストの山口敬之とはどのような人物なのだろうか。流石に類は友を呼ぶとはこのことだろう。
女性の人権を軽視し女性を踏みにじるお抱えジャーナリストだけにご主人様を見習っての犯行だろうか。

どうしても力では劣る女性を守るのが真の保守だ。このような行為をするを安倍晋三はどう思っているのだろうか?

まともな人間なら山口敬之を批判されて当然だ。あえて擁護するならTBSをを退職した前後までは非常に優秀なジャーナリストだったことは確かだ。安倍の犬になってからは評判はガタ落ちしていた。それどころかジャーナリストを名乗るなと言われるなど散々だった。

スポンサーリンク


明日発売の週刊新潮で許されざる山口敬之の犯罪行為が暴露される


明日発売の週刊新潮に山口敬之の女性の人格と尊厳を踏みにじる事件とその刑事事件のもみ消し疑惑がスクープされる。

週刊新潮の報道によると、山口敬之は現在27歳になる海外を中心に活躍するフリージャーナリストの女性の人格と尊厳を踏みにじったというのだ。

被害女性証言によると、彼女は就職先を探している過程で山口敬之と知り合った。
そして相談に乗るという形で恵比寿のレストランで食事をした。

山口敬之が犯罪行為に及んだとされるのは週刊新潮の記事によると次の通りだ。

自著や報道番組などで政権のウラ話をたびたび披露し、“安倍首相に最も近いジャーナリスト”として知られる
山口敬之・元TBSワシントン支局長(51)。そんな山口氏には、婦女暴行の嫌疑を掛けられるも、
警視庁刑事部長によって逮捕状が握り潰された過去があった。被害女性が告発する。

 ***

海外などでジャーナリスト活動を行う27歳の女性である。
氏とは、就職先を探す過程で、2013年に知り合った。

 “事件”が起きたのは15年の4月3日。山口氏と2人で東京・恵比寿の飲食店に入ったあと、
途中から記憶を失ったという。

「私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています。身体に痛みを感じて目覚めた時、
あの人が身体の上に乗っている状態でした」(被害女性)

 その後、彼女は警察に訴え、6月頃に山口氏への「準強姦」の逮捕状が発付された。
ところが逮捕直前になり、逮捕状の執行は取り止めに。その背景には、菅義偉官房長官の
秘書官も務めた中村格・警視庁刑事部長(当時)による隠蔽の可能性が取り沙汰されている。

「週刊新潮」の取材に対し、山口氏は法に触れることは一切していないと語り、
中村氏も首相への“忖度”による捜査中止を否定するが……。

スポンサーリンク


山田敬之は優秀な政治記者だったはずの人がどうして・・

今回の安倍晋三にお寿司で餌付けされた山口敬之という人物をまずはご紹介しよう。

【氏名】山口敬之
【よみかた】まぐち のりゆき
【生年月日】966年5月4日
【出身】東京
【年齢】51歳
【学歴】慶應義塾大学経済学部
【ニックネーム】安倍の犬 似非ジャーナリスト

東京出身の山口敬之は筑波大学附属中学校・高等学校を卒業して慶應義塾大学経済学部卒業後にTBSに入社する。それが1990年だった。

TBS時代は報道カメラマンの部署に配属。
雲仙普賢岳火砕流、臨時プノンペン支局でカンボジア国際連合平和維持活動等を取材するなど、非常に優秀な人物だった。

頭がいいか悪いかは別として、この頃の山口敬之氏は優れた報道人として、かなり評価されていた。

さらに、個人的にジャーナリストとして山口敬之が優れていると思う点は日本のメディアでは数少ない現場を取材するジャーナリスト「だった」。

その後、1993年に特派員としてロンドン支局に赴任。欧州はもとよりロシア、中東、アフリカをカバー。南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領誕生やヤーセル・アラファートのパレスチナを入り等取材。またルワンダ紛争、アイルランド共和軍(IRA)によるテロ攻撃、パレスチナ紛争など各地の内戦や紛争を多く取材した。在ペルー日本大使公邸占拠事件も現地で長期取材した
引用:wiki

山口敬之の人生が狂い始めたのは日本に帰国後のことだた。

社会部(警視庁、運輸省など)、政治部(官邸キャップ、自民党、外務省など)を担当。その後『JNN報道特集』プロデューサーなどを歴任。着実にジャーナリストとしての山口敬之の評価を盤石なものにしていった。

そして、程なくして山口敬之氏はTBSを退職する。

ジャーナリストとして大手メディアのサラリーマンよりも報道を選んだ格好だった。

そんな彼がどうして安倍晋三の犬になったのか。

どうして安倍晋三の周りには犯罪者や問題児ばかりが擦りよてくるのか

今回、安倍の犬と言われた女性の人格と人権を薬物を使って踏みにじった山口敬之。

どうして安倍晋三の周りにはこのような問題児ばかりが擦り寄ってくるのだろうか。

ストーリー不倫と政治資金問題の中川俊直
被災者と愚弄した今井復興大臣
子宮頸がんワクチンで被害者を増やし続け、政治資金で夫を養う三原じゅん子
“おんぶ”の務台俊介政務官「長靴業界もうかった」

類は友を呼ぶというが・・・・。なんとも安倍晋三総理も大変ですねとしか言いようがい。

でんでん。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。