小林麻央の命を奪った忌まわしき民間療法・・海老蔵さんが犯した三度の過ち。

明日発売の週刊新潮で衝撃的なタイトルが打たれている。

一体、その忌まわしき民間療法とは何なのだろうか?

スポンサーリンク


「小林麻央」の命を奪った忌わしき「民間療法」とは一体何?

「海老蔵」は三度過ちを犯した!
「小林麻央」の命を奪った忌わしき「民間療法」
乳がんとの2年8カ月の闘いの末、天に召された小林麻央さん(享年34)。その中で夫・市川海老蔵(39)は三度に亘って過ちを犯していたという。病院での再検査を急ぎ、標準治療を受け入れ、命を奪うことになる忌まわしき「民間療法」を拒絶すべきだった――。

明日発売の週刊新潮で衝撃的な内容が話題になっている。

果たして、この忌まわしき民間療法とは一体どのようなものなのか?
ガン治療は様々なものがあり、ビタミンC大量投与や電磁波療法などの民間療法などが度々話題になっている。

週刊新潮を購入次第、詳細を追記したいと思う。

スポンサーリンク


過去には川島なお美さんのガン治療のあり方が議論になったことも

がんによる民間療法は度々話題になり世間を賑わせている。

記憶に新しいところでいうと、女優の川島なお美さんの民間療法が議論の的になり、その是非を巡って論争が起きていた。

人間ドックで肝内胆管癌と診断され、腹腔鏡手術を受けたが再発。その後、抗がん剤や放射線治療を受けず、ビタミンC大量投与や電磁波療法などの民間療法を受け、最終的に診断から二年後に亡くなっている。

東洋医学を主体にした放射線治療抗がん剤など、体力を奪うという意味ではハイリスクな治療法。
さらに、外科的な手術でガンを取り除くという方法もある。

川島なお美さんの場合は、あくまでも舞台やスクリーンの中で輝く女優として体に大きなメスは入れずに、彼女が多少のリスクを冒してでも腹腔鏡を選択した。

さらに、脱毛などの強い副作用をともなう抗がん剤治療を、選択しなかったことが論争になっていた。

一方でビタミンCや電磁波には「副作用」はない。勿論、効果も期待できないが、精神的な救いを求め、民間療法を受ける人がいても不思議ではない。

治療方がつきると、宗教や民間療法に救いを求める

がん患者が病気と戦う病院の周りには宗教関係者の勧誘が多いとの噂がある。

これは、あながち間違ってはいないのかもしれない。
多くの進行性のがんを患った方は、東洋医学での治療の限界を感じると様々なものに精神的な救いを求めると言われている。

それが、宗教的なものである場合もある。

そして、ビタミンCや電磁波などの、いわゆる民間療法に救いの手を求める方もいる。

終末期の段階で、民間療法や宗教などの神に救いを求めるのは、その人の生き方を誰も否定する事はできないだう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。