明日発売の週刊文春がまたも、今や日本のガン、政府与党の広報機関としてしか機能していないにもかかわらず違法に受信料を徴収しているNHKが今度は女子アナからパワハラで訴えられたというのだ。

ネットでは既に2ちゃんねるなどを中心にNHKをパワハラで訴えた女子アナとS放送部副部長が誰なのか特定作業に入っている。

それにしてもNHKの衰退は目に余るものがある。
過去にも痴漢疑惑のアナウンサーなどとにかく異常とも言える犯罪集団と化してしまったNHKはもう一度視聴者目線に立って最低限の常識やマナーくらいは守れる団体になれないものだろうか。

スポンサーリンク


NHKが女子アナからパワハラで訴えられた!

まずは、明日発売の週刊文春の第一報から事件を引用してみよう。

昨年3月、NHK山形放送局に採用されたA子さん(28)が、上司によるパワハラなどで同局を訴えたことが週刊文春の取材でわかった。A子さんの直属の上司は、アナウンスグループを統括する放送部副部長のS氏(43)。97年入局のS副部長は、東京アナウンス室に赴任経験もある中堅アナだ。

NHKの上田良一会長 ©共同通信社
「入局直後、休日に取材と称し、S氏から長時間のドライブや飲食に誘われるようになりました。新人アナの私は断れなかったのです。その一方で仕事は思うように回されず、不満が募ってきました」(A子さん)

 A子さんは朝の情報番組「おはよう山形」などを担当。事態が急変したのは、11月15日のことだった。S副部長は局内の出演者控室に彼女を呼び出し、計6時間半にわたり、鋭い口調でこう罵倒したという。

「局内にあなたの味方なんていません! 僕に好かれなかったら、君には放送枠なんて与えられないよ」

 突然の出来事にA子さんは涙を流すしかなかったという。

しかも、そんな女子アナのA子さんに追い打ちをかける事件が起こった。

今年2月に発覚した同局の弦本康孝記者が起こした事件だった。
この事件で週刊誌のFlashに「狙われた同僚女子アナ」というような見出しで女子アナのA子さんの顔写真と実名が掲載されていた。

これが事実無根でA子さんは上司らに事実無根と報告。さらに「抗議して欲しい」とお願いをしたが、まったく相手にすらしてもらえなかったというのだ。

女子アナのA子さんはS副部長を相手取り裁判を起こす

S副部長はパワハラで女性の人権を踏みにじった挙句に、部下を守ろうともしない。

さらに、事実無根の週刊誌の記事に抗議すら行わに部下を守らなかったというのだ。

女子アナのA子さんのストレスは頂点になり次第に体調に変調がおこる。

「NHKは私を守ってくれなかった。そのうち眠れず、吐き気が止まらなくなりました。友人や家族の勧めもあって病院に行くと、適応障害と診断されました」

全てにおいて納得の行かないA子さんはNHKを相手取り、損害賠償を求めて提訴に踏み切った。

スポンサーリンク


それにしてもS副部長というのは誰なのだろうか?

A子さんを執拗に食事やドライブに誘い出して、それに応じなければ仕事を回さないという事実であれば非道な山形放送局のS副部長とは一体誰なのだろうか?

ネットを検索すると山形放送局には若林 則康(わかばやし のりやす)というアナウンサーがいる。
しかし、Sでなはいし、 1967年6月19日生まれの49歳。
1991年にNHKに配属になっている。

S副部長はこの方ではないようだ。

S副部長と女子アナのAさんが特定され次第、追記したいと思う。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。