尾本綾乃・尾本大輔が逮捕された事件で顔写真の画像をみてやっぱり・・の声が上がる中でFacebookやtwitterなどSNSでは今回い尾本綾乃・尾本大輔の逮捕で怒りの声が噴出している。

どうしてこのような行為が無くならないのだろうか?

広告

改めて、このような事件を振り返るとともに、Facebookやtwitterなどのネット上の声や、こういった事件を防ぐためにの地域の取り組みなどを紹介する。

尾本綾乃・尾本大輔の許されざる行為・・まずは顔写真の画像から

尾本綾乃・尾本大輔夫婦の五歳になる息子に怪我を負わせた事件。

そのあまりに非道な行為に怒りの声が上がっている。
さらに、逮捕前のインタビューでも自らの容疑を否定していた尾本綾乃容疑者。

しかし、その行為はあまりにも卑劣だった。

事件発覚は近所の方の通報だった

事件が発覚したのは近所の人からの「靴だけを履いた子どもが裸で歩いている」という通報でした。

 保護した警察官に対し長男は当初、「ジャングルジムから落ちた」と話していましたが、その後「パパとママにやられた」と打ち明けたということです。

心無いという言葉では収まらない非道な行為だ。
すでに人間の心を亡くしてしまったのだろうか。

 保護した警察官に対し長男は当初、「ジャングルジムから落ちた」と話していましたが、その後「パパとママにやられた」と打ち明けたということです。

広告

子供のSOSを見逃すな!虐待防止のための取り組みとは

こういった事件は大変残念だが定期的に発生してしまう。

しかし、なによりも地域の見守る目が大切になってくるのは言うまでもない。
そこでポイントを簡単にまとめた。

まずは発生を予防

育児放棄や虐待はなによりも孤立や不安から始まるものが多い。
地域が積極的に母親から相談を出来る環境つくりを行う地域が多い。

早期発見と早期対応

各地の児童相談所は慢性的な人員不足に悩まされている。

しかし、なんと言っても一瞬の対応の遅れが重大な結果をもたらしてしまう。

それだけに、早期対応の為ににも、各地方自治体の児童相談所の優秀な人員の確保は急務だ。

子供の保護と支援

さらに早期発見をした場合には、児童相談所での保護と子供だけでなく、保護者の支援が急務だ。

今回の尾本綾乃と尾本大輔の場合は、人間的に問題があったようだ。

尾本綾乃と尾本大輔の次男に怪我はなし

尾本綾乃と尾本大輔は今回被害にあった5歳の長男と三歳の次男の四人暮らしだった。

長男は尾本綾乃の連れ子だった。

その連れ子の長男だけが被害にあっていのだ。

Facebookやtwitterでの声は尾本綾乃に怒りの声

親がすることとは思えない。同じ目に遭えばいい。

お願いです。
親子関係を法的に終了できるようにしてください。
子どもさんの命の問題です。

ちょっと待って
これは酷すぎでしょ
いくら親だからといって、いや親だからやっていけない
この子がかわいそうすぎるよ

涙が出てくる。5歳の子が、すぐ助けを求めずに「ジャングルジムから落ちた」ってごまかそうとしたなんて…。
相当傷ついている…
幸せな未来が待ってますように…

広告
コメントは利用できません。