寺崎浩平が昨年の国体で初のドーピング陽性の自転車男子選手ではないかとファンからは心配の声が上がっているのだ。

このニュースは時事通信が「国体で初のドーピング陽性=自転車の男子選手」と速報を打ち、Yahoo!topicにも掲載されたために非常に話題になっているのだ。

さらに第一報では寺崎浩平ではないかとファンの間では噂されるものの、実名報道がなく第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝は誰?と多くのネットユーザーが一斉に検索をかける状態になっている。2ちゃんねるでも特定されるのは時間の問題だろう。

ただ、男子選手はこの最低を不服として申し立てを行っており、ドーピング確定とは言えない状況だ。

スポンサーリンク


寺崎浩平か?時事通信が国体で初のドーピング陽性=自転車の男子選手の一報を伝える

まずは、寺崎浩平選手ではないかと噂されるドーピング陽性=自転車の男子選手の第一報を引用してみよう。

昨年10月に岩手県で行われた第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝した選手が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが17日、分かった。日本体育協会によると、国体では2003年の静岡国体以降、ドーピング検査を実施してきたが、陽性反応が出たのは初めて。

 日本アンチ・ドーピング機構は昨年12月に4年間の資格停止処分を科す決定を下したが、男子選手はこれを不服とし、日本スポーツ仲裁機構に決定取り消しを申し立てた。同機構は18日に判断を公表する。

 男子選手は全日本選手権トラックレースのマディソンでも15、16年に優勝。岩手国体には福井県連盟の所属選手として出場した

出典:時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000103-jij-spo


スポンサーリンク


第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝は誰だと話題に

時事通信の第一報では当然のように男子選手の氏名は伏せられていた。

これに対してネットメディアではこの選手は一体だれだと一気に話題になっていたのだ。

○昨年10月に岩手県で行われた第71回国民体育大会の自転車成年男子ケイリンで優勝
○男子選手は全日本選手権トラックレースのマディソンでも15、16年に優勝している。

これらに該当するのが寺崎浩平としてネットで名前が浮上しているのだ。

 第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第8日は8日、岩手県内各地で競技が行われ、自転車女子スクラッチ(10キロ)で中村愛花(科学技術高)が優勝した。

 自転車成年男子ケイリンの寺崎浩平(県体協)も優勝。少年男子ケイリンでは脇本勇希(科学技術高)が準優勝した。

出典引用:福井新聞 http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/61868

寺崎浩平は以前からドーピングの噂があった?検索補助にも「寺崎浩平 ドーピング」が表示されている

寺崎浩平は以前からドーピングの噂があったのだろうか?

実は、Yahoo!の検索補助システムには寺崎浩平の名前を検索すると「寺崎浩平 ドーピング」と表示されてしまうのだ。

寺崎浩平の経歴とプロフィール

【氏名】寺崎浩平
【生年月日】
【年齢】
【成績】

2015・2016年 全日本選手権トラックレースのマディソン
2016年 イズベロドローム3位入賞  
2014年 男子マディソン2位入賞 
2013年 全アマ統合 3位入賞

ネット上の声には厳しい意見と擁護の意見と様々

▼どういった成分で引っかかったのかも知りたかった。
▼市販の風邪薬や栄養ドリンクもドーピングに引っかかる可能性はあるし、もちろん選手はそういった市販品にも注意をしなくちゃいけないけど、処分の重さの判断にもなると思うからもっと詳しく書いて欲しかった。
▼不服って事は、本人はドーピングでは無いと思ったものが反応したのかな?
▼どこまでが陽性反応されるのか分からないけど、国内の大会なら成分よりも商品名で規制した方が分かりやすいのではと思う
▼ドーピングは絶対許せない派なんだけど、
▼初めての発覚で4年の謹慎ていうのは一般より厳しい処分だと思った。
▼故意による悪質なものとみなされたんだろうけど、薬物がなんだったのか気になる。
▼JCFに協賛している某栄養補助食品が
去年ドーピングに引っかかる成分が含まれていたとかでニュースに取り上げられていたけど…それ?
▼経緯や理由が最重要。市販薬で陽性になってしまったのと、筋力増強剤で陽性になったのでは、違いすぎる。
▼ドーピングしたくせに4年間を不服ってのはフザケンナ〜って思う。けど他に何かあるんかな?故意じゃなかったとか。
▼故意であるか否かは関係なく、禁止薬物を摂取したことには変わりがない。
 故意でないなら、事前にTUE申請していればよいだけ。
 国体選手なのに、自分で禁止薬物をJADAホームページ・アプリで確認もせず、スポーツファーマシストに相談もせず、もし何かしらの薬剤(治療薬)を服用していたなら、それはアスリートとして重大な過失。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。