ビートたけしが三年ぶりに主演で注目されているドラマ「破獄」。今回も注目ドラマ破獄のあらすじやネタバレ、さらにキャストなどを特集します。

さらに、今回はモデルがもう一人いるなどの噂も合わせて検証する。

スポンサーリンク


今回は裏番組に先日、惜しまれながらもお亡くなりになった渡瀬恒彦さんのドラマ「警視庁捜査一課9係」や、沢尻エリカ主演の「母になる」など。裏番組も強豪ドラマや話題のドラマがひしめくなかでどれだけの視聴率を叩き出すのかも注目されている。過去にはNHKなどでも放送され話題になっているのだ。

ビートたけし3年ぶり主演ドラマ!対する山田孝之ほか満島ひかり、吉田羊、橋爪功等のキャストで送る壮絶な人間ドラマ!完全無欠の看守と史上最悪の脱獄犯の闘いの結末は!?

ドラマ『破獄』注目のキャストは?


【テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画】破獄

浦田進(刑務所看守)…ビートたけし

今回のビートたけしさんの役どころは関東大震災時に刑務所の受刑者2千人余りを守る為忙殺され、大火事でも家に戻らず、妻子が死亡。

看守長としての務めを果たした反面、仕事の追われて、家族を見殺しにしてしまったという思いに苛まれている。

長年、東京小菅刑務所看守部長を務めていた。
しかし無期懲役囚が網走刑務所に収監されたことに伴い、網走刑務所看守長となり、後に札幌の看守長も務めることになる。

ビートたけし コメント
いつものように監督に言われた通り、精一杯演じるつもりでいますが、「破獄」という物語は、「生きる」という深いテーマ性がある作品なので、うまく演じきれるか少し緊張しています。 クランクインして間もないですが、頑張っていきます。

佐久間清太郎(無期懲役囚)…山田孝之

山田孝之 コメント

これは心身共にボロボロになるだろうなと思いましたが、不思議なもので挑戦したくなるんですよね。
佐久間という素直な人間を見たとき、見てくださった方々が自分に問いかける質問とはなんでしょうか。そしてその質問の答えを探したとき、あなたは今まで通り歩むことを選択するのでしょうか。

浦田美代子(浦田の娘・浦田美代子/ナレーション)…吉田羊

佐久間光(佐久間の妻・佐久間光(みつ)役)…満島ひかり

貫井千吉(網走刑務所所長)…橋爪功

仁科久(札幌刑務所所長)…寺島進

大田坂洋(小菅刑務所所長)…松重豊

泉五郎(看守部長)…勝村政信

田島公平(GHQ通訳)…渡辺いっけい

藤原吉太(専任看守)…池内博之

野本金之助野本金之助(看守)…中村蒼

スポンサーリンク


ドラマ『破獄』あらすじ・ネタバレ

ストーリー

日本軍がハワイ真珠湾を攻撃した翌年の昭和17年6月深夜。秋田刑務所の独房に、天窓の枠にぶら下がる佐久間清太郎(山田孝之)の姿があった。

そのまま猛烈な懸垂力でガラス窓を押し開き脱獄してしまう。その犯行は東京・小菅刑務所の看守部長・浦田進(ビートたけし)の耳にも入る。前年まで小菅にいた無期懲役囚で、浦田が担当していた。青森でも破獄逃走をした危険人物だが、情に厚い浦田には従順だった。ところが脱獄から3か月後、佐久間が浦田の家に現れる。人間扱いしない秋田の看守を訴えてもらうため、浦田に会いに来たという。しかし隙をついて浦田が通報したことで再び刑務所に収監されることに…。

日本が戦争で苦戦に陥ったことを思い知った昭和18年。佐久間は網走刑務所へ送られる。さらに浦田も網走刑務所の看守長として転任が命じられる。網走に赴く前、浦田は娘の美代子(吉田羊)が働く図書館を訪れ、網走への転任を告げるが、二人の間にはどこか微妙な空気が流れていた…。

1カ月後、網走に着いた浦田は、看守部長・泉五郎(勝村政信)の案内で、視察窓を覗く。すると両手に錠をかけられた佐久間が、素手でむさぼるように食事をしていた。

所長・貫井千吉(橋爪功)は「絶対逃してはならない」と意気込むが、浦田は「生半可では勝てない」と、専任の野本金之助(中村蒼)と藤原吉太(池内博之)を呼び出す。ちょうど佐久間が油断している時間だという。案の定、佐久間の手錠がはずれているのを発見。佐久間は暴れるが、浦田に気づくと表情を変え素直に指示に従い出す。さらに浦田は佐久間が隠していた小道具を見つけ出し、網走での最初の脱獄は失敗に終わる。

青森で生まれた佐久間の初犯は昭和8年。雑貨屋商で盗みを働き、共犯者を助けるため家主らを殺害。無期懲役の判決を受けた。

経歴を振り返った浦田は、青森に住む佐久間の妻・光(満島ひかり)に会いに行く。「面会に来るか手紙を書いて欲しい」と懇願するが拒否されてしまう。かつて光は、父の借金で遊郭に売られ、その生活から抜け出せずにいた。そんな最中に出会ったのが、蟹工船の下働きをしていた佐久間だった。しかも「自由なされ」と会社から前借した大金を差し出され“この人は神様だ”と思ったという。だがそれが原因で佐久間もまた借金地獄に。佐久間のそばにいたい光は「早く戻ってきてほしい」と泣き叫ぶ。

光の言葉は、浦田に関東大震災の記憶を蘇らせた。ある理由ですぐに家に戻れなかった浦田が病院に駆け付けた時には、妻と息子は帰らぬ人に。幼い美代子も重傷を負っていた。「帰ってきて欲しかった!」…娘の言葉が胸に突き刺さる。

一方、網走では長びく戦争の影響で軍用道路が作られることに。受刑者が作業に駆り出されたため多くの看守が付き添い、残された看守の業務が重くなっていた。疲労困憊の野本は、佐久間の相変わらぬ態度に追い込まれ、浦田に思わず弱音を吐く。「負けるな野本。冬になればあいつは折れる」…浦田が言う通り、脱獄することなく冬を終えるが、その後迎える夏に、大きな異変が起きようとしていた―。
引用:ドラマ『破獄』公式ホームページ

スポンサーリンク


ドラマ『破獄』結末や感想は?

ドラマ『破獄』結末や感想はは放送後に記述します。

ドラマ『破獄』のモデルはもう一人いた?

破獄のモデルは1933年4月9日に青森県東津軽郡で起きた強盗殺人事件の犯人として逮捕された白鳥由栄だ。

「昭和の脱獄王」などと世間からも注目を浴びた白鳥由栄は1936年に青森刑務所、さらに秋田刑務所、網走刑務所、札幌刑務所と立て続けに脱獄を成功させていた。

しかし、実は、ドラマ破獄にはモデルとなる人物がもう一人いたと言われているのだ。

白鳥由栄が服役していた府中刑務所で刑務所長を務めていた鈴木英三郎だ。

脱獄王の白鳥が当時勤務していた府中刑務所に移送されてくると知った鈴木英三郎は脱獄を防ぐための対策を考えるが、結局完璧な対策は無理と破断。

白鳥ががどうして、脱獄を繰り返すのか?その根本にヒカリを当てた。
過酷な待遇や人権を無視した対応を改善することで白鳥にも鈴木所長の気持ちが伝わり府中刑務所では脱獄はしなかったと言われている。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。