またも、日本の老人介護の最前線で不審事件が発生している。高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」では先月の31日から立て続けに高齢の入所者が被害にあう事件が発生している。

報道によると先月31日から今月16日の半月あまりの間に施設に入所していた高齢の男女ら3人が死亡し、2人が肋骨(ろっこつ)を折るけがなどをしたという。

さすがに半月の間に5名もの入所者の方が怪我をしたり亡くなるというのは尋常ではない。

すでにツイッターではある職員Aの噂がツイートされるなどしている。
そのツイートによると今回の事件の当日にAは全て事故当日に勤務しており、それいゆに勤める前の職場でも問題行動が目立ち夜勤ローテから外されていて、今回の事件でも内々では「たぶんAだろう」と噂がたっていたというのだが・・

スポンサーリンク


高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」とは

高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」とはどのよな介護施設なのだろうか?

医療法人同仁会が運営する医療法人同仁会の「それいゆ」は公式ホームページによると平成9年に開設された施設だ。

【所在地】  岐阜県高山市桐生町4丁目268番地
【建物】鉄筋コンクリート4階建
【開設日】平成9年8月21日
【定員】100名
【居室概要】 4人部屋:23室 ・ 2人部屋:1室 ・ 1人部屋:6室

施設職員 医師・看護師・准看護師・介護福祉士・介護員・支援相談員
理学療法士・作業療法士・管理栄養士・介護支援専門員
事務員・その他

介護施設それいゆで半月に5人死傷 警察が捜査

かなりキチンとした施設のようにおもえる。

定員も1000名というかなりの規模の介護施設だ。

そこで不審な事件が多発していると報道されているのだ。

 岐阜県高山市の介護施設で先月末からの半月の間に5人が死傷していたことがわかった。警察が事件と事故の両面で捜査している。

 高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」によると、先月31日から今月16日の半月あまりの間に施設に入所していた高齢の男女ら3人が死亡し、2人が肋骨(ろっこつ)を折るけがなどをしたという。

 死亡したのは、高山市に住む80歳の男性と93歳と87歳の女性で、死因はそれぞれ窒息、脳挫傷、胸骨骨折による外傷性血気胸だという。

 施設には18日午前10時半ごろ、岐阜県と高山市が合同で立ち入り検査に入った。警察は事件と事故の両面で捜査を進めている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170818-00000040-nnn-soci

スポンサーリンク


それいゆの犯人は職員なのか?気になるツイートも・・

スポンサーリンク


それいゆの事件でネット上の声は?

▼この手の事件?定期的に起きるよね、給料安いのもあるんだろうけど 介護施設の質の悪さ 全国レベルで調べたら こんなのは氷山の一角なんだろうな。
▼職員のメンタルケアは必要だな あとは現場監視もしっかりやろう
▼まあ事件でしょうね。
▼病死じゃなくて事故死だからな
▼しかし5人じゃなくて2人くらいだったら疑われなかったってことか・・
▼内部では誰が犯人かわかってるだろ。
▼死因は窒息、脳挫傷、胸骨骨折・・これはつまり、そういうことか。
▼犯人は必ずここの職員の中に複数いるって思われても仕方がない

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントは利用できません。